犬の欲求について(その2)

犬の飼い方・しつけ方

犬の欲求について(その2)

①快適な生活空間が欲しい


狭い、暑い、汚いなど落ち着かない空間にいる事は、

犬にとって大きなストレスになります。






広さ



狭いケージに長時間閉じ込められっぱなしでは

ストレスがたまります。




長時間留守番をさせるなら、部屋でフリーにさせるか、

サークルで囲った広めのスペースを用意し、

ある程度動き回れる空間を作ってあげて下さい。




温度



犬種や年齢にもよりますが、一般的には人間よりも暑がりです。



湿度



ジメジメした場所は犬も苦手です。



ハウスは風通しの良い場所に置いて下さい。



騒音



聴力の発達している犬にとって、

大きい音はかなり気になるものです。




吠えたり、怖がったりするようであれば、窓を閉めるなどして、

なるべく音から遠ざける工夫を。




②臭いを嗅ぎたい



犬にとって臭いを嗅ぐ事は、とても強い欲求です。




犬の嗅覚は人間の1000倍以上と言われ、臭いを嗅ぐ事で、

様々な情報を得ているのです。




ですから、散歩に出かけたら、存分に臭いを嗅がせてあげて下さい。






ただし、臭いを嗅ぐ場所は、あなたが選んで下さい。




拾い食いしそうな場所や、マーキングしそうな所は避け、

安全で周囲に迷惑をかけない場所で、

気の済むまで臭いを嗅がせてあげて下さい。





草むらで臭いを嗅がせると伝染病がうつると心配する人もいますが、

きちんとワクチン接種を受けてうれば、

その可能性はほとんどありません。




次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ