飼い主の散歩マナー

犬の飼い方・しつけ方

飼い主の散歩マナー

散歩は飼い主のマナーが問われる場です



周囲に不快な思いをさせないような配慮が必要です。



排泄物の処理



ウンコを持ち帰るのは当然のマナー。



アスファルトの上などにしたオシッコも水で洗い流すようにしたいですね。



排泄場所も他人の家の前は避けるなど配慮しましょう。




ノーリードはNG



「うちの犬は躾けが出来ているから」と安心しても、

何かのはずみで人や他の犬を噛んでしまう事もあります。



また、事故に結びつかなくても、人を追いかけたりして

驚かせてしまう可能性も。



ノーリードOKという場所でも、犬を放すのは

「オイデ」のトレーニングが出来るようになってからにしましょう。




むやみに人に飛びつかせない



飛びつきは、相手に怪我をさせたり、服を汚してしまうなど、

トラブルの元。



飛びつく可能性があるなら、リードを踏むなどして

飛びつけない状態にしてから、挨拶させましょう。


むやみに他の犬に近づけない



相手の犬が犬嫌いの場合もあります。



まずは相手の許可をとりましょう。




公園でブラッシングをしない



毛が飛び散って周囲の迷惑になります。



ブラッシングは家でやりましょう。



公園の水道に直接口をつけさせない



散歩中は給水が必要です。



必ず水を入れる容器を持参しましょう。



公園の水道の蛇口に直接口をつけて飲ませるのはマナー違反です。







これらの事を守って、楽しい散歩にして下さい。

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!