愛犬の散歩のさせ方

犬の飼い方・しつけ方

愛犬の散歩のさせ方

楽しくなければ散歩じゃない

散歩の目的


室内犬にも当然、散歩は必要です。



散歩には、運動不足を解消する、社会性を身につける、

気分転換をはかる、飼い主とのコミュニケーションを充実させるなど、

様々な目的があります。



ですから、散歩はとても大切なものです。



散歩のコースや内容に工夫を凝らして、楽しい経験を

沢山積み重ねていきましょう。




散歩の目安


散歩は、1日2回以上行き、そのうちの1回は十分な運動を

させるのが理想ですね。



しかし、雨の日や体調が悪い日などは無理をしなくてもOKです。



そのかわり、

室内でたっぷり遊んで、ストレスを軽減させてあげましょう。



必要な運動量については、犬種や年齢などによって異なり、

それぞれ個体差もあります。



散歩後の愛犬の様子を見て、満足度を測って下さい。



帰宅後しばらくして気持ちよさそうに寝てしまうなら

運動量は足りています。



逆に、すぐにおもちゃで遊び始めたり、あなたに「遊び」を

要求してくらなら、おそらく足りていないのでしょう。



また、運動という観点から考えれば、ダラダラ歩くだけでは、

十分な運動欲求を満たす事は出来ません。



途中で早歩きや駆け足をしたり、公園でボール遊びをするなど

変化をつける事です。



ただし、子犬のうちは骨格がまだ出来ていないので無理は

させないで下さい。



6カ月頃から軽いジョギング程度の運動を取り入れていき、

本格的な運動を始めるのは1歳以降にすると良いと思います。





犬の散歩

基本的には自由に歩かせる


時々、飼い主の横にピッタリくっついて歩く犬を見かけます。



そんな犬を見た時に、あなただったら、

「よく躾けされているなー」

と思いますか?



これは「脚側行進」という訓練された歩き方です。



でも、家庭犬であれば、この様なスタイルで歩く必要はありません。



リードを引っぱったりして、あなたを困らせるのでなければ、

どんな歩き方でもかまわないのです。



行儀良く歩くのではなく、好きに歩かせる事が大切なのです。



とはいえ、場所を選ぶ必要はあります。



通行人の迷惑にならず、安全な場所である事が条件です。



逆にいえば、狭い道や、他の犬とすれ違う時などは、

あなたの横につかせて歩く事が必要になってきます。



いざという時のために、あなたの指示で、

あなたの横について歩く事が出来るようにトレーニングを

しておくべきです。



犬の散歩

★トレーニング方法


①犬を左側に立たせる。
 
 リードは左手で短めに持つ。
 
 右手にはご褒美のフードを持つ。



②右手を鼻先に近づけて、歩きながら犬があなたの横に来るよう誘導。
 
 誘導の手が自分の足よりも前に出ないように歩く。

 犬が真横に来た瞬間に「ツイテ」や「ヨコ」などと、

 合図の言葉を言って、褒め言葉をかけ、フードをなめさせながら、

 そのまま歩く。



③上手く歩けるようになったら、フードを握った手を隠す。
 
 数秒着いて来られたら褒め言葉をかけ、フードを与える。

 これを繰り返す。




犬の散歩

真夏・真冬は散歩時間に要注意


真夏の散歩は、早朝か日没後の涼しい時間帯に行うのが鉄則です。



日没後でもアスファルトが熱を持っている場合がありますので、

必ず手を当てて温度が下がった事を確認してから出かけて下さい。



一方、寒い冬は、日中の暖かい時間帯に出かけましょう。



温度差が激しいと体への負担が大きいので、子犬や老犬、

毛の薄い犬、心臓の弱い犬などは、ある程度低い温度(外気温に近い温度)

に慣らしてから出かけて下さい。



Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録