子犬のトレーニング(スキンシップ)

犬の飼い方・しつけ方

子犬のトレーニング(スキンシップ)

さわられる事に慣らすのはとても大切!

どこでもさわらせる犬にしよう


子犬も体を隅々まで十分にさわらせるようにする事は
とても大切です。



さわられるのが嫌いな犬だと、日常の手入れや動物病院での治療など、
スムーズに行かなくなります。



何より、可愛い愛犬を存分にさわれないというのは、
あなたにとって悲しい事でしょう。



基本的には子犬は優しく撫でられる事は好きですし、
あなたとの間に十分な信頼関係ができれば、
喜んで身を任せるようになります。



ただし、足先やシッポなどの先端部分は、最初は抵抗を
示すものです。



いきなりそういう部分をさわらず、背中や首筋など
気持ちの良い所から徐々にさわって慣らしていって下さい。



1子犬を抱きかかえ、優しく体をさわる。
 最初は背中や首元、アゴの下など、子犬がさわられて
 気持ちの良い部分から。


2首の後ろをゆっくりもむ。


3足先や耳など、一般的にさわられるのが苦手な部分も含めて、
 前身をゆっくりさわる。


4一通りさわったら、子犬を仰向けに寝かせる。


5子犬が落ち着いたら、片手で前足の付け根あたりをおさえ、
 反対の手で首の下を撫でる。


6落ち着いているようなら、おなかや足先、足の付け根、
 耳、顔、口の中など、全身をゆっくりさわっていく。




体を拘束される事にも慣らしておく



単に体をさわられるだけでなく、体を拘束される事にも
慣らしておく必要があります。



例えば、犬が嫌がるからといって動物病院での診察や
治療をためらっていると、重大な事態になりかねません。



どんな姿勢にされてもあなたに身を任せられるように
訓練しておきましょう。



体をさわることや拘束される事に慣らすのは、子犬であれば
それほど難しくはありません。



しかし、成犬になると恐怖心や警戒心が先に立ち、難しくなります。



子犬のうちにしっかりならしておきましょう。




子犬のスキンシップ



~ポイント~


体をさわる練習は、子犬が遊び疲れている時に行うのがポイントです。



たいていの子犬は仰向けにされると最初は嫌がって暴れたりしますが、
ここで離すと「暴れれば離してくれる」と学習してしまいます。



子犬がジッとせずにジタバタする時は、包み込むように
ギュウ~っと抱きしめて、おとなしくさせて下さい。



こうして体を拘束される事に慣らしていきます。



憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法